猫に水薬(セミントラ)を飲ませるコツ

水薬や錠剤を飲ませるのってなかなか難しいですよね。
みぃやさんも最初はなかなか飲ますのに難しかったのですが、なんとかコツをつかめてきました。

これ、友達に教えてもらった方法ですが、口の横から入れるのがポイントです。
口の前から入れようとすると、凄く嫌がって何度も失敗しました。

今飲ませている水薬は「セミントラ 4mg/ml経口液猫 テルミサルタン製剤」
この記事に書いたお薬です ⇒ 猫の腎不全病院代記録メモ4回目
この薬は、慢性腎不全における尿蛋白の漏出抑制・予防のために飲ませます。

まず、座って猫を後ろ向きに抱っこします。
右手には注射器を用意しておきます。
左手の親指と中指(もしくは人差し指)で口の両方から指差し込むようにすると口を開けるので、口の右脇からぴゅっと薬を入れる

それをすべて早業でやる。そうすれば嫌がらないで完全に薬を飲ませられます。

口の脇から差し込んで入れるのは簡単なので試してみてねっ^^
コツを覚えたら、嫌がらずに水薬も錠剤もこの方法で簡単に飲ませられるようになりました♪

2 Responses to “猫に水薬(セミントラ)を飲ませるコツ”

  1. […] アロエベラジュースは、セミントラの与え方と同じく針の無い注射器(シリンダー)を使ってOKだったけど、ビーポーレンとビープロポリスは錠剤なのでそのままでは食べてくれません […]

  2. […] アロエベラジュースは、セミントラの与え方と同じく針の無い注射器(シリンダー)を使ってOKだったけど、ビーポーレンとビープロポリスは錠剤なのでそのままでは食べてくれません […]